取扱い注意事項

エポキシ樹脂や硬化剤などを使用するときは、安全衛生の面から正しい取扱いを行う必要があります。取扱い作業を実施する前に、それぞれの製品のSDS等に記載されている情報やデータを参照されて、安全に取扱ってください。
また、SDSの記載内容は、現時点で入手できる資料、情報、データに基づいて作成しており、情報提供であって、保証するものではありません。また、注意事項は、通常の取扱いを対象としたものでありますので、特別な取扱いを行う場合は、用途・用法に適した安全対策を実施の上、ご利用下さい。

エポキシ樹脂 有害性


化合物名
(CAS番号)
経口LD50
(mg/kg :
ラット)
皮膚
一次
刺激
(ウサギ)
感作性
(モルモット)
眼刺
激性
(ウサギ)
呼吸器
刺激性
(ラット)
SPI
分類
変異
原性
出典
ビスフェノールA型
エポキシ樹脂液状
(25068-38-6)
1)

11,400
1)

弱い
1)

人によって
は感作性
皮膚炎を
生じる
1)

弱い
1)

なし
2)

2
(労)
変異原化学
物質
*I陽性
*II陽性
陰性 6)
1):Pattys Industrial Hygiene and Toxicology

2):エポキシ樹脂・硬化剤正しい取扱いの手引

3), 4):メーカーSDS

5):総説 エポキシ樹脂第2巻

6):独立行政法人 製品評価技術基盤機構のGHS分類では、経世代変異原性試験 (優性致死試験) で陰性、生殖細胞in vivo変異原性試験 (染色体異常試験) で陰性、体細胞in vivo変異原性試験 (小核試験、染色体異常試験) で陰性in vivo試験で陰性。

7):エポキシ樹脂工業会取得データによる
ビスフェノールA型
エポキシ樹脂固形
(25068-38-6)
2)

>30,000
1)

殆ど
なし
1)

殆どなし
1)

弱い
刺激性
あり
(特に粉塵
による)
1)

弱い
(粉塵に
よる)
2)

1
5)

陰性
ビスフェノールF型
エポキシ樹脂液状
(9003-36-5)
3)

>2,000
3)

中程度
3)

体質により
強い感作性
皮膚炎を
生じる
3)

中程度


なし
 

(労)
変異原化学
物質
*I陽性
*II陽性
フェノール
ノボラック型
エポキシ樹脂
半固形~固形
(9003-36-5)
1)

>2,000
1)

弱い
1)

弱い感作性
1)

弱い


弱い
(粉塵に
よる)
   
オルソクレゾール
ノボラック型
エポキシ樹脂
(29690-82-2)
4)

>10,000
1)

ごく
弱い
 
1)

ごく弱い


弱い
(粉塵に
よる)
   
臭素化
ビスフェノールA型
エポキシ樹脂
(40039-93-8)
1)

>2,000
1)

ごく
弱い
1)

なし
1)

ごく弱い


弱い
(粉塵に
よる)
 

なし
(労)
*I陰性


注) (労) 変異原化学物質
  *I 微生物を用いる変異原性試験
  *II 哺乳類培養細胞を用いる染色体異常試験
エポキシ樹脂技術協会 発行新・「エポキシ樹脂・硬化剤 正しい取扱いの手引」2003年度版より転載
参考資料、及び安全対策については、エポキシ樹脂技術協会安全性委員会がとりまとめた『エポキシ樹脂・硬化剤の正しい取扱いの手引』や製品のMSDS等を参照して下さい。
尚、CAS番号につきましては弊社発行のSDSをご確認下さい。

[ BACK ]
エポキシ事業: エポキシ樹脂
HOMEコールケミカル事業化学品事業機能材料事業エポキシ事業
ご利用条件