ノボラック型エポキシ樹脂 YDPN / YDCNシリーズ

YDPN、YDCNシリーズはフェノールノボラック、o―クレゾールノボラックをグリシジルエーテル化したもので、その最大の特長は、耐熱性と耐薬品性にあります。その特長を生かし、IC封止材やプリント基板の耐熱付与剤等に、広く応用されます。

品名 エポキシ当量
(g/eq)
溶解粘度
(-)
特長及び用途
YDPN-638 170~190 H-K ※1 フェノールノボラック型一般タイプ

品名 エポキシ当量
(g/eq)
軟化点
(℃)
特長及び用途
YDCN-700-3 194~208 59~65 o-クレゾールノボラック型低粘度タイプ
YDCN-700-7 196~210 68~78 o-クレゾールノボラック型一般タイプ
YDCN-700-10 198~210 75~85 o-クレゾールノボラック型一般タイプ、積層用
YDCN-704 202~214 87~97 o-クレゾールノボラック型一般タイプ、積層用
YDCN-704A 204~216 88~100 o-クレゾールノボラック型高軟化点タイプ

※1 溶解粘度 ブチルカルビトール60%(樹脂)溶液:ガードナーホルト法 at 25℃
※2 上表数値は代表的な数値であり、保証する数値ではありません。また、数値は予告なく変更する場合があります。

[ BACK ]
エポキシ事業: エポキシ樹脂
HOMEコールケミカル事業化学品事業機能材料事業エポキシ事業
ご利用条件