部門紹介
エントリーはこちら
はじめての方はこちら
マイページにログイン


コールケミカル

豊富な原料を生かした歴史ある基盤事業
 石炭からコ―クスを製造する際に副生するコールタールを原料とした炭素材事業、同じくコークスを製造する過程で発生するガスなどを活用した工業用ガス事業を展開しています。


■炭素材
 株式会社シーケムにおいて、コールタールを蒸留して電極原料のピッチコークスやピッチ、タイヤの補強材として使われるカーボンブラックの原料など、いわゆる炭素材料のほか、メチルナフタリンやピリジン・キノリンなどの精密化学品を製造しています。その規模や商品ラインナップにおいて、世界でも有数のタール蒸留メーカーです。



 このほか、関連会社にカーボンブラックを製造する新日化カーボン、特殊炭素製品を製造する新日本テクノカーボンを擁しており、新日鉄住金化学の基盤事業と位置付けています。
石炭からこんなモノが!とくとご覧あれ!
 新日鐵住金グループの石炭化学を一手に担う新日鉄住金化学は、コールタール蒸留量で世界有数の規模を誇ると同時に、川下製品の豊富さで他社に対し圧倒的な差別化を発揮しています。特に当社は精密蒸留工程を活用した医薬中間体や染料・顔料等の機能化学品を拡充するなど、新日鐵住金グループのコールタール付加価値アップに貢献しています。

 当社コールケミカル事業の圧倒的強みは、各事業の原料を製鉄プロセスから、豊富にかつ安定的に調達を可能としている点です。“原料から新たな価値をいかに生み出していくか”が当社の戦略課題であり、独自の強みを発揮する事業領域であります。

 最近では、超高密度の黒鉛素材が、半導体やシリコン太陽電池の製造などに広く用いられており、旺盛な需要を背景に、相次いで生産能力の増強を行っています。