部門紹介
エントリーはこちら
はじめての方はこちら
マイページにログイン
新日鐵住金グループ合同募集については、こちらをご覧ください。

総合研究所

「多環芳香族素材と高度な化学技術を駆使し、機能材料分野へ展開」
  多環芳香族素材を用いた独自モノマー群をベースに長年にわたり培ってきた化学技術を駆使し、耐熱性や熱伝導率などの物理特性、絶縁性や低誘電性などの電気特性、透明性や屈折率などの光学特性をはじめとする特性を制御した機能製品の研究開発に取り組んでいます。

 液晶用カラーフィルター材料や光学用プラスチック基板、電子材料用特殊樹脂、有機ELデバイス用燐光材料などの電子・情報・光関連分野に加え、今後の成長市場であるパワーデバイス用材料や先端複合材料などの環境・エネルギー関連分野へ、当社独自の材料設計技術を駆使して特長のある高機能製品を開発しています。

 また世界に存在感を示すフレキシブル回路基板用銅張積層板「エスパネックス」の開発に代表される独自の高分子設計技術や金属箔との積層化技術などに加えて、コンピューターシミュレーション技術や高度解析技術を活用し、オンリーワン商品の創出に努めています。

 総合研究所は、高度な化学技術を駆使しスピード感のある開発で社会・顧客に貢献する研究所を目指しています。
センター紹介
材料開発を通して自己実現を図り、
世の中の向上と発展に貢献しましょう
総合研究所 梶 正史
  最近のスマートフォンに代表される携帯電子機器の軽量・薄型化には目を見張るものがあります。さらに、画面は高精細で鮮やかになり、処理速度も大幅に向上しています。当社材料は、様々なところでこれらに貢献しています。

 目に触れるところでは液晶材料や有機EL材料の開発を行っています。見えないところでは、半導体関連材料やそれらを搭載する回路基板材料があります。また自動車や航空機においても、環境・エネルギー面から軽量化や電装化が大きく進展しようとしています。当社はこれらにも貢献すべく様々な部材の材料開発を進めています。

 企業における研究の醍醐味は、自らのアイデアや汗した努力が世の中の向上と発展に繋がっていることを直接的に体感できるところにあります。それらを通して自らの成長も実感できます。当社にはその舞台が整っています。一緒に夢の実現を目指しましょう。