技術系 製造部門
社員紹介 [ 技術系 ] INDEX
研究・事業部門
製造部門

エントリーはこちら
初めての方はこちら
マイページにログイン
新日鐵住金グループ合同募集については、こちらをご覧ください。
現在の仕事内容とやりがい・面白みを感じる点は?
ラボスケールからコマーシャルスケールまで
 私が所属するプロセス技術部の仕事は、各分野、多岐に渡って様々あります。研究所の案件では実験装置の設計・作成など、製造所の案件では設備が抱える問題解決に向け、シミュレーションを使った原因解析や対応策の検討等を行っています。さらには既存プラントだけでなく、新規製品の開発に向けて韓国メーカーとのプロジェクトに携わり、プロセス設計、パイロットプラントでの試作も行っています。

このようにラボスケールからコマーシャルスケールまで幅広い仕事に携わり、日々やりがいを感じながら仕事をしています。
仕事上での「挑戦」エピソードは?
試行錯誤から生まれた達成感
 韓国のパイロットプラントでの試作の話です。試作前にはシミュレーションを用いて運転条件を決めるのですが、最初は数値計算と実設備とのギャップに苦しめられました。「シミュレーション上でいい結果が出ているので実機でもうまくいくだろう」と安易に考えていたのですが、実設備では、なかなかそうもいきません。

そこでシミュレーション結果と実設備での結果を踏まえ、最も有効と考えられる条件を考え、関係者間で議論を尽くしました。時には厳しいご指導を頂きながらも自分なりの見解を出し、また試作に臨む。その繰り返しです。
最終的には、苦労して私が生み出した条件で、目的とする製品ができた時は本当に達成感がありました。
仕事上の将来の夢・目標は?
製造技術力を兼ね備えたプロセス技術者
 まずは、この先もさらに様々な業務を通じて解析技術力を向上させ、各事例を定量的に判断できる力を身につけていくこと。加えて、設備建設業務にも積極的に取り組み、実設備におけるノウハウを習得したいと思っています。

次に、それらの知識や経験を活かして、生産プラントの課題の洗い出しや改善策の立案・実行をしていきたいと考えています。そして最終的には、増産・歩留向上への貢献や差別化技術の発案等、“生産性の向上を推進できるプロセス技術者”こそが、私が考える将来の目標です。
新日鉄住金化学を選んだ理由は?
ずばり!「少数精鋭」
 会社の従業員一人当たりの売上高と利益が高く、その分、若手のうちから責任のある仕事が出来ると感じたからです。実際、入社後配属して間もなく、責任と緊張感のある業務を任せられました。“少数精鋭”というキャッチフレーズは本当でした!(笑)。
一日のスケジュール(起床~就寝)