技術系 研究・事業部門
社員紹介 [ 技術系 ] INDEX
研究・事業部門
製造部門

エントリーはこちら
初めての方はこちら
マイページにログイン
新日鐵住金グループ合同募集については、こちらをご覧ください。
現在の仕事内容とやりがい・面白みを感じる点は?
世の中のトレンドを一新する可能性
 私の業務内容は、「有機EL材料の開発」です。有機EL素子は金属電極、電荷注入層、電荷輸送層、発光層から構成されており、その中で私は“燐光発光材料(主に青色燐光材料)”の開発に取り組んでいます。

 この青色燐光材料の開発は、未だ世界で誰も実現していない、ハードルの高いテーマです。しかし、難しいテーマであるからこそ、実現した時のインパクトはとても大きいと思います。“世の中のトレンドを一新してしまうような「世界初の商品(技術)開発」に取り組む”-これぞ企業での研究開発の醍醐味では?と日々やりがいを感じながら開発業務に励んでいます。
仕事上での「挑戦」エピソードは?
「想い」を強く持つ。そして、一つずつ地道に「行動」する。
 有機EL材料の開発は、分子設計⇒合成⇒評価⇒データ解析のサイクルから成り、分子設計が開発の方向性を大きく左右します。この分子設計は、過去に蓄積した知見等を基に単位構造から一つ一つ分子を組み立てていく、まさに“プラモデル作り”のような感じです。

 しかし、当然ながらなかなかうまくいきません。先輩方が目標に向かってスムーズに設計していく中で、私は出来ても先輩のアイデアの延長線止まり。焦る日々で、何度も挫けそうになりました。それでも「粘り強く取り組めば結果が必ずついてくる」と自分に言い聞かせながら、幅広い分野の論文に目を通し、データの解析等を先輩や仲間、そして社外の有識者にも助言をもらいながら一歩一歩進めました。結果として、有用な分子構造を特定でき、今では「分子設計(力)」が私の強みの一つになっています。
仕事上の将来の夢・目標は?
仲間と共に-“誰も取り組んでいない技術・材料の開発を実現”
 進路選択の際に、企業での研究開発を選んだ理由が「自身の開発した技術を製品にできるから」でした。今でもその気持ちは変わりません。もちろん、まずは自身の開発した有機EL材料を商品化することが第一の夢です。ただ、私は欲張りなので(笑)、「今の研究以外でも、社内で誰も取り組んでいない新しい技術・製品の開発を実現したい」と考えています。

 幸いなことに当社は、新規テーマ創出活動を全面的にバックアップしてもらえます。また共に取り組んでくれる仲間もいます。現在、私は自身の所属する研究所以外の様々なメンバーと一緒にアイデアの実現に向けた議論・検証実験を進めています。いつか、自分が開発した有機EL材料の搭載されたスマートフォンを手にして、“有機EL材料とは別の製品で、○○という製品を作ったのは俺だよ!”と家族や友人に自慢できるようになりたいな、と日々妄想しています(笑)
新日鉄住金化学を選んだ理由は?
“社員から伝わってきた社風”に共感!
 出身大学のOB社員と話した際に、楽しそうに自身の研究や製品の説明をしてくれて、“やりがい”を感じながら仕事をしている先輩の姿に好印象を持ちました。また、親身になって私の進路相談にも乗ってくれ、御礼を伝えた際に「先輩が後輩の相談に乗るのは当たり前だよ。自分も同じように先輩や上司に相談に乗ってもらっているよ」という返事をもらいました。

 このやりとりから、新日鉄住金化学は人材を大事にする社風の会社なんだなと強く感じ、志望しました。今では、この印象は“実感”へと変わっています。そこで、自身がリクルーターとなった今は学生の皆さんに同じように感じてもらえるよう努めています。伝わっているかどうかは不安ですが(汗)