技術系 製造部門
社員紹介 [ 技術系 ] INDEX
研究・事業部門
製造部門

エントリーはこちら
はじめての方はこちら
マイページにログイン
新日鐵住金グループ合同募集については、こちらをご覧ください。
現在の仕事内容とやりがい・面白みを感じる点は?
ものづくりの最前線で-他部署の社員と“一緒に”仕事を進める。
 私は、九州製造所製造部コールケミカル技術グループの一員として、「ものづくり」の最前線で、コスト削減や生産効率向上、安定操業、環境対策などの“技術検討”をしています。技術検討後、実行可否を判断し、設備建設・改造、運転、評価をすることが一連の業務の流れです。

 自ら検討した技術をもとに新たな設備を建設して、(不安を抱きつつも)実際に計画通り稼働させることが出来た時には、強いやりがいを感じます!また、この仕事は現場をはじめ他部署の社員との関わりも多い仕事です。お願いをすることの方が多いですが、たまには頼られたり…色んな社員と一緒に仕事を進めていく楽しさを日々実感しています。
仕事上で苦労したエピソードは?
挑戦して分かった-“自分ひとりでできる仕事は限られている”
 私が初めて設備建設に携わった時の話です。

 事前に技術検討や実験を行い、関係部署や関係会社との協議、各種申請書類の提出など多くの関係者からの協力を得ながら主体的に進めていきました。…が、実際の建設中は定修時期(製造設備の検査期間)であったこともあり、日程調整に時間を追われ、試運転時にはトラブルに見舞われる等、思いがけない出来事が多く起こってしまいました。(汗)

 その中で、“もっとこうしておけば!”“こうすればどうなっていたのだろう?”と思うことも多々あり、「必ず次にこの経験を活かそう!」と思いました。また、一人でできる仕事は限られていることを実感でき、「いかに周囲との協力関係を築きつつ仕事を進めていくべきか」、改めて考えさせられる良い経験になったと思っています。
仕事上の将来の夢・目標は?
グループの中心に-設備を“ゼロ”から作り上げられる技術者に。
 技術者として、自ら検討した設備を新設すること、また、既設設備の改造を数多く手掛けることが目標です。そのためには、目の前の仕事を一歩ずつ着実にこなすことに加え、先輩たちの仕事のやり方を貪欲に学びながら、技術案件の検討力・実行力を養っていきたいと思っています。

 「メーカーは現場でのものづくりあってこそ」ということを常に忘れず、将来的には、グループの中心として自ら課題を形成し、収益改善案件の提案・検討・実行・評価を行えるような“新日鉄住金化学グループ全体に貢献できる技術者になりたい”と考えています。
新日鉄住金化学を選んだ理由は?
石炭化学を原点とした独自の技術力
 会社説明会で“石炭化学”という言葉を聞き、一昔前の話を思い浮かべたのは事実です(苦笑)。 ですが、コークスを製造する際に発生するコールタールやコークス炉ガスには、実は多種多様な芳香族が含まれており、それらを有効活用しながら“独自の技術”を生み出し、事業を展開してきたことを知り、関心を持ちました。

 昔から蓄積された石炭化学のノウハウと石油化学との融合によって、他社には真似できない最先端の素材を世の中に提供する-“新日鉄住金化学だからこそ”という独自性に魅かれ入社を決意しました。