事務系 事業・管理部門
社員紹介 [ 事務系 ] INDEX
事業・管理部門

エントリーはこちら
はじめての方はこちら
マイページにログイン


現在の仕事内容は?
コールケミカルの営業。色んな仕事があります!
 現在、新日鉄住金化学とエア・ウォーター㈱のタール事業統合会社である㈱シーケムで炭素材製品(ピッチコークス、ピッチ、カーボンブラック原料油)の営業を担当しています。ピッチコークス及びピッチは、電気製鋼炉(鉄スクラップを高温で溶かして鉄鋼を回収、製造する装置)に使用される電極の原料です。

仕事内容としては、学生時代に思い描いていた営業のイメージ通り、価格契約交渉やサンプルワークによる新規需要家の開拓、技術サービスへの同行などがあります。またそれ以外にも、顧客から得た需要見通しをいち早く製造現場へ伝え、計画的かつ効率よく生産する安定供給に向けた体制を工場と一緒に検討する等、当初のイメージとは異なり多岐にわたります。
仕事上での「挑戦」エピソードは?
横断的に仕事を進める。そのとき自分の意識が変わった。
 私は入社三年目に、当時担当していたスチレンモノマー(樹脂原料)の国内関連会社向け供給業務を他社に委託するべく、社内外を含めた関係者との交渉を任されました。

業務委託内容を整理する過程では、石油コンビナート関連法規や港湾利用に関する申請、設備保全、品質保証等、普段の担当とは異なる業務が多く存在しました。そのため、色々な部署の人に確認しながら仕事を進め、無事に一連の業務委託に関わる手続きを完了することができました。「仕事は一人では出来ない。いかに周囲を巻き込み、協力関係を構築して目標を達成していくべきか」が大事なのかを痛感させられた、今でも忘れられない経験です。

狭い視野で特定の人と仕事をすることは苦労が少なく楽かもしれませんが、横断的に他部署の人と活発な議論を交わすことによって、自身の知識や経験も蓄積され、より良いものが出来ることを肌で感じた現在、自ら進んで色々な仕事をやらせてもらっています。
仕事上の将来の夢・目標は?
「収益に貢献する」海外営業マン
 これまでは国内営業を中心に担当してきましたが、今後は海外での交渉も任されるようになりたいと考えています。そのために、先ずは国内で実績を残し、「松藤だったら、海外のお客様を任せても大丈夫」と信頼を勝ち得ていく必要があると思っています。現在担当している業務で、販売路線拡大と的確な顧客対応により、国内で当社のプレゼンスを高めることが先決と考えています。

「千里の道も一歩から」という諺があるように、任された仕事で結果を残すことが、次のステップに繋がると考えています。近い将来、海外でも当社のプレゼンスを高め、「長期的、継続的に収益を生み出す事業」が実現した時のことを考えると、自ずとモチベーションも高まります。
新日鉄住金化学はどんな会社?
部署間の垣根がない。タテ・ヨコに自分の意見を発信。
 若手でも積極的に発言できる機会があり、自分の意見を常に求められる会社です。情報を共有するために上司と一緒に会議に出席するのではなく、その情報を聞いて自分が何を考えるのか、自分の考えを相手に理解してもらうように伝えることが必要です。

また、会社の規模がそう大きくないことから部署間の垣根が無く、聞きたい事などを他部署の社員にも聞きやすい環境だと思います。部門横断的に自分の意見を発することができ、意見を取り入れることもできる。タテだけでなく、ヨコにも風通しのいい会社です。